フォト
無料ブログはココログ

« 【お知らせ】鉄道の日協賛!焼肉列車で行く!丸瀬布いこいの森満喫親子ツアーの参加者募集中! | トップページ | 【石北本線利活用推進連絡会設立記念行事第2弾団体貸切イベント列車「スターライトオホーツク with KAGAYA」を運行します】 »

2013年9月24日 (火)

【お知らせ】観光と公共交通切り口に地域間連携に挑む行動型学習会 全4回 10月4日からスタート!

MOTレール倶楽部も構成団体に名を連ねる都市間連絡市民会議が10月から、観光と公共交通を切り口に、網走や北見など自治体の枠組みを超えてまちづくりを考えるコミュニティ再生講座を開きます。この市民会議は網走や北見などの地域住民同士の距離を近づけ、エリア全体での振興を図ろうと設立。現在進行形のホットな取り組みとして、蒸気機関車のイベント列車「SLオホーツク号」を石北、釧網両沿線全体で盛り上げる企画などを進めてきています。今回は、その延長でさらに具体的な取り組みを始めるにあたり、地域を超えて住民同士の意識の共有を図るべく網走と北見交互で全4回の学習会を開きます。
メーンの講師は立教大観光学部特任教授の清水愼一氏(64)=写真=が務めます。清水氏は東大法学部卒、JR東日本仙台支社長、日本観光協会東北支部帳、JTB常務などを歴任。国の観光行政にも深くかかわっています。講座のテーマは1回目が「石北本線の利用促進策について」(10月4日午後6時15分、北見経済センター)、ゲストスピーカーはオホーツクビールの渡辺克良専務。2回目が「女満別空港の利活用について」(10月25日午後6時15分、網走エコーセンター)、ゲストは山下英二・大空町長。3回目は「観光客(特に女性)をいかに取り込むか」(11月29日午後6時15分、北見経済センター)、ゲストは桜田真人・北見市長。4回目は「外国人観光客が求めるもの」(12月13日午後6時15分、網走エコーセンター)、ゲストは水谷洋一・網走市長。学習会での成果は具体的な観光振興の取り組みとして各地域に還元し、新たなアクションにつなげていく計画です。市民、行政、そして、観光関係者、公共交通関係者が語り合い、圏域の未来を描いていきます。ぜひ多くのみなさんのご参加をお待ちしております。講座は参加無料。1回限りの参加や特定の回だけの参加もOK。申し込みは北見の中川さん(電話:0157・57・3023)へ。

Simizu_1





« 【お知らせ】鉄道の日協賛!焼肉列車で行く!丸瀬布いこいの森満喫親子ツアーの参加者募集中! | トップページ | 【石北本線利活用推進連絡会設立記念行事第2弾団体貸切イベント列車「スターライトオホーツク with KAGAYA」を運行します】 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

網走から稚内まで鉄道でどう行くかを知らない、飲み会しか参加しない共同インフォメーションという呑ん兵衛オヤジの会員のいる団体がレール倶楽部を名乗るとはおこがましい。
鉄道で地域おこしと言いつつ、会員の中に石北・釧網線に乗車した会員がどれだけいるのが。先ず隗より始めよではないか。石北・釧網線両線に積極的に乗車して模範を示すべきである。
団体の名称をNOT倶楽部に改称すべきである。単なるイベント団体にレールの文字は必要ない。N(飲んで)O(大騒ぎして)T(楽しむ)倶楽部があんたらには相応しい。

鉄道のこと知らない、飲み会しか参加しない呑ん兵衛オヤジでも快く受け入れて
くれるMOTレール倶楽部に感謝、心無い書き込みをシカトし、やり過ごそうと
思ったが、我慢できず反論する。
君は隠れた場所から共同インフォメーションとMOTレール倶楽部を揶揄(やゆ)
しているだけ、地域おこし団体の活動を全く理解していない卑怯者だ!
君は弱虫なのかも知れない、だから虚勢をはって吠える子犬のようなやり方で
しか意見が言えないのだろう、哀れだと思う。
知らないようだから、教えてあげます。MOTレール倶楽部は、M(まじめに)
O(おもしろく)T(鉄道と地域を考える)立派なマチおこし団体です。
君こそ、NOTが相応しい奴なのかも知れないな。
返信コメントお待ちしてます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 【お知らせ】鉄道の日協賛!焼肉列車で行く!丸瀬布いこいの森満喫親子ツアーの参加者募集中! | トップページ | 【石北本線利活用推進連絡会設立記念行事第2弾団体貸切イベント列車「スターライトオホーツク with KAGAYA」を運行します】 »